スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きな特撮ランキング

動画の見すぎでパソコンが動画を読み取らなくなってきたので、今日はとりあえずシンケンジャーやめてブログに変更。

好きな特撮ランキングです。

top20です。

本当はもっと入れてもいいけれど。

「ないわwww」とか思ってもそういうコメントは控えるようにお願いします。

少ししか見てないやつもありますが、MADとかで見たアクションとかでも評価してます。

あと、現行で放送されている「天装戦隊ゴセイジャー」と「仮面ライダーW」は途中評価になるので除外。

Wなんかは高順位なんですけど。BLACKとRX、イナズマンとFみたいにちゃんとした続編関係にあるものは同扱いで。

それでは。



20位:激走戦隊カーレンジャー
・ギャグ重視。だけど時に熱い!! 特に終盤、恭介がゾンネットのために行った"ある戦い"は男らしくて熱かった!!
・キャラクターはかなり魅力的。カーレンジャー、シグナルマン、ボーゾック。どれをとっても忘れられない名キャラクター。
・普通にデザインが好き。思い出補正かな?
・ラスボスの倒し方は伝説。


19位:重甲ビーファイター/ビーファイターカブト
・ブラックビートやデスコーピオンといった名ライバルの存在や、熱いヒーローたち。ヒーローの名を語るに相応しい、典型的なヒーローたちです。
・ビーファイターの最終回ではジャンパーソン、ガンギブソン、ブルースワットが登場し、視聴者の度肝を抜く!! TSUTAYAでビーファイター最終回の裏面を見てビビりましたよ。
・装備、兵器、容姿……ヒーローのデザインは100%文句なし。スーツで再現できる最大限のカッコよさです。
・めっちゃデカい巨大ロボ(?)のカブテリオスとクワガタイタンが出てくるのも見所。


18位:人造人間キカイダー/キカイダー01
・ダークヒーローの元祖・ハカイダーやワルダーの存在がカッコよかった!! 幼少期はキカイダーよりそちらに眼を向けて視聴してました。
・仮面ライダーにもある「同属殺し」のテーマを描いています。ギルの笛によって苦しめられるキカイダーの姿も衝撃的。
・音楽は昭和で最も好きです。特に、戦闘中に流れるもの。オープニングが流れるときはすごく燃える!!
・アクションはもちろん最高級。そこにさらに重圧なストーリーが加わっていてなかなか良かった……。


17位:ウルトラマンメビウス
・ウルトラマンSPIRITS!! 歴代ウルトラマンの登場がものすごい印象的。ディケイドもちょっと見習って欲しかった。
・旧怪獣の再登場もいけど、新規の怪獣・宇宙人もカッコいい。
・終盤のザムシャーの活躍が忘れられない。基本的にかなり熱い。
・新規ウルトラマン二名のデザインもカッコいいし、必殺技発動の効果音も好き。


16位:ウルトラマンダイナ
・ティガとガイアの間なのが残念という意見をよく聞きます。うん、俺もそう思う!
・平成三部作はもしかしたら思い出補正。……いいや、そんなことはない!!
・熱い主人公、熱い防衛チーム。熱いです。ギャグシーンも面白かったりしますが、なくてもよかったかも。
・感動の最終回。アスカがどこかへ向かうことでなく、その直前のキャラクターの動きも注目。ウルトラシリーズで、片想いしてるヒロインがいるのは珍しいですよね。マイの告白シーンは、ウルトラマンであることを生かしたすばらしいもの。


15位:仮面ライダー響鬼
・作品独特のテンポがすき。ライダーっぽくはないけれど。
・前半は特に好きです。後半だけだったら随分順位が低くなりそう……。
・主人公はほぼ明日夢(俺の見解では)。つまりライダーでない主人公です。ネクサスやアイアンキングみたい。
・妖怪退治系特撮だとダントツトップだと思います。カクレンとかシンケンも面白いけど。


14位:仮面ライダーBLACK/仮面ライダーBLACK RX
・敵は親友。それも、兄弟のように一緒に過ごした男。シャドームーン登場以降は特に面白いです。
・続編のBLACKRXもあわせて評価。シャドームーンの最期や、敵が抱えていた事情は結構好き。
・あと、主人公が熱い!! 声聞くだけで熱い!!
・敵キャラの設定は結構凝っていて、設定資料を見るだけで胸が奮い立たされる。


13位:鳥人戦隊ジェットマン
・男性キャラがいちいちカッコいい。漢の物語。
・ブラックコンドルとグレイの決戦はうまい決着の仕方。男の戦いだったと思う。
・メンバー内での激突が多いのも魅力。レッドホークとブラックコンドルは何回か色恋沙汰で戦いますね。半年くらいかかってようやく仲良くなる二人。最終回、好きな人をとられたにも関わらず親友の結婚式を喜ぶ凱……だけど……。
・レッド、ブラック、ホワイト、イエローは△関係に加えて色々複雑な関係。さらに、敵のマリア、グレイ、ラディゲまで繋がってきます。実写でしか表現できない名作です。


12位:仮面ライダー電王/超・仮面ライダー電王
・ギャグ、感動、そして熱い展開。声優が豪華なためアニメ好きにも人気。
・その人気のためか、東映もこの作品を優遇。ただ、最近はちょっとやりすぎ。
・ライダーらしい、「キック技」や「バイクアクション」は少ないですが、ライダーでないヒーローとして見るとなかなか。必殺技も結構カッコいい。
・テレビ版のストーリーは結構素晴らしい。二話目で泣きました。あと、イマジンと良太郎の駆け引きなんかも面白かったと思います。日曜当日に必ず見てたのは平成ライダーだとこれくらいのもの。ただ、劇場版はちょっと……。


11位:ケータイ捜査官7
・ヒーローではないけれど、素晴らしい特撮作品。
・感動のラストや、そうなるまでの過程が充実していて面白いです。
・アニメのようなテンポや技術も強く印象に残るはず。
・実際、アニメを作ってきた人たちの作った特撮なのでアニメファンウケはよくないはずがない!!


10位:特捜戦隊デカレンジャー
・ハードボイルド。めっちゃ沢山ヒーローが出てきます。
・レッドどブルーに芽生える友情は見ごたえあり。終盤、マジでレッドが死んだかと思ってました。この頃は特撮に対する興味が薄かったんですが、この時は画面に見入ってましたよ。
・ヒロインは戦隊シリーズの中でもかなり可愛い。人気。制服がマジで似合ってます。
・キャラクターの個性もなかなか。アニメキャラが好きな人とかは、実写で完璧に表現されたアニメキャラのような人物たちを見てもいいかも。三次元から抜け出すにはまだ早い!!


9位:ウルトラマンガイア
・考えの相違からぶつかりあい、最終的に和解するというありがちなパターンのヒーロー。だけど、ガイアとアグルが共に大地に立つだけで心の震えが止まらなくなります。
・音楽も最高。ストーリーも最高。だけど、感動面ではティガに及ばず。あ、この先にティガがあることを言ってしまった……。
・とはいえ、考えさせられるストーリーは多いです。環境問題や、地球怪獣など。


8位:超人機メタルダー
・もっと上だったか。とにかく、名作メタルヒーロー。
・いきなり生まれたことを嘆く鬱なヒーロー。いきなり敵に負ける不幸なヒーロー。昔のヒーローらしい苦悩が視聴者を悩ませていく。
・敵キャラがカッコよく、また一話一話のキャラも事情を持ち、敵キャラが主人公でメタルダーがほとんど出てこない回まである。敵キャラの最期も泣ける。敵キャラの最期も心が打たれる。仲間思いだったり、何か事情があって悪事を働いていたり、本当はメタルダーの生き方に憧れていたり……。
・終盤は鬱なほどキャラが死ぬ。メタルダーも死ぬし、トップガンダーも死ぬし、敵キャラは全滅。人間たちはそれを背負って生きていく……。こいつらもちゃんと主人公です。やっぱ8位じゃねえよコレ!!


7位:未来戦隊タイムレンジャー
・大人向けスーパー戦隊。それぞれのキャラクターに秘められた過去や内面が深くて面白い……。
・味方キャラだけでなく、敵キャラにも不思議な魅力があります。ドルネロは義理と人情という言葉が非常に似合っている悪役。金ばっかに見えてドルネロを想うリラや、元々は優しい少年だったにも関わらず不幸な事件により破壊を楽しむようになったギエンなどは深夜アニメにでも出てきそう。
・メインキャラにツンデレが多い。


6位:仮面ライダー龍騎
・テーマ性とかはどうかな……。とにかく、ストーリーが面白かったです。ライダー同士の殺し合い……子供番組というものの常識をブチ壊しつつ、子供でも楽しめるストーリー。
・キャラの性格も個性的で、主要キャラ四名は特に人気。あと、終盤でヤンデレライダーが登場する。
・最終回など、終盤の展開にはハンカチ必須。


5位:牙狼─GARO─
・冷酷な戦士が、しっかりとしたヒーローに育っていくまでの過程が実に面白いです。
・アクションは絶対に退屈しない。CGも多いですが、生身でのアクションも超絶。まるでアニメーションです。
・熱い展開もあり、意外とヒーローらしいです。あと、音楽は最高級。


4位:ウルトラセブン
・「ウルトラシリーズ」第三弾。ウルトラマンに並んで多くの人に好かれるウルトラ戦士。
・攻撃方法の斬新さや、相変わらず印象に残る怪獣たち。それから、カプセル怪獣の存在などはかなり高評価。
・考えさせられるストーリーも多く、たまに数話見るだけでも面白さがわかります。
・最終回は日本人の何人かに一人が知っているはず。今でもドラマやアニメの別れのシーンにはこれと非常に似た表現が使われます。


3位:ウルトラマン
・今でこそ、感動できたり考えさせられたりするストーリーは当たり前ですが、その元祖です。
・ジャミラの回などは全国的に有名。これが最初期の時代の特撮作品とは考え難い……っ!!
・怪獣のデザインも多くの人々の印象に残ってるはず。
・ラスボスを倒すのはウルトラマンではなく科学特捜隊。ウルトラマンに頼らず、人間たちが凶悪な怪獣の退治に成功します。そこが最高。


2位:ウルトラマンティガ
・平成ウルトラシリーズ三部作の第一弾。一話一話で何か考えさせられるものもあります。
・また、戦闘機のカッコよさ、フォームチェンジの自然さなどは印象的。
・音楽もめちゃめちゃカッコよかった!! 終盤なんかは「ウルトラマンらしい」泣かせ方をしました。


1位:仮面ライダークウガ
・デザイン、キャラクター、ストーリーなどが良かったです。テーマ性もあり、尚且つ大人から子供まで楽しむことができます。
・敵の喋るグロンギ語なんかも印象的。設定も凝ってます。
・最終決戦をちゃんと映さないという異例の最終回や、警察と連絡をとりあって敵と戦う、更に序盤はその異形から敵と勘違いされる……などヒーローの常識を覆すストーリーも印象的。
・主人公の性格もヒーローらしくて好き。


スペクトルマンとかレインボーマンとかジャイアントロボとか、見てれば結構高順位だったと思います。ああ。CS再放送しないかなぁ。

ジャイアントロボは最初のほうだけ見ましたけど。

スーパー特撮大戦で見たEDはかなり印象に残ってます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ちょっと前の記事になりますが合格おめでとうございます。

タイトルを見たとき、ブルースワットと仮面ライダー555が入っていると思ったけどそんなことはなかったぜwww
メタルダーは見たいな~
でも、こっちではレンタル解禁されていないorz
クウガはフォームチェンジをうまく使った戦いが面白かったと思います。
スバルさんに便乗して明日、好きな特撮ベスト20をやります(殴

天道さん>
ブルースワットと555は好きですが、20位以内に入るほどじゃないかなぁ……と思ってます。
BSは中盤の展開があまり好きでないし、555はランクイン作品に比べると……。
メタルダーはレンタル解禁したうえで置いてないんだと思います。
っていうか、最近色んなTSUTAYA回ったけど、置いてあるところを見たことがありません。
プロフィール

藤宮昴

Author:藤宮昴
HN:藤宮昴
16歳の学生

多趣味だけどこのブログではアニメ、特撮、漫画、ゲーム、洋画、邦画、小説等を取り扱います。

たまに日常が舞台のブログになる時もあります。
最近はサクラ大戦、特撮、プリキュアなどのネタがメインです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

大河内の缶詰

THE・武者戦記EX

God bless you

萌えタリ~な日常

霊様のブログ

サイザーの最前線日記(移転しました!

覚醒の夜明けに青い炎

暇潰の達人

僕らの飼育小屋

Shall l to coming out? 別館 ~Paranoia's world~

みんなの早期リタイア独立宣言書

私は百合じゃないんだからねっ!

雛見沢ゲットー

偽トロキャプチャ通信販売 New3DSLL,New3DS,2DS,WiiU,PS vita制作代行!NintendoSwitch

気ままに店長

しあんのぶろぐ

まったりな部屋

Love tube

MACHINE HEART ~機械にだって心あり!~

その日暮らし

アニライ<猫・w・>

なりそこないカメレオン ver.2.0

ドラコの玩具紹介ブログ

ハラちゃんのまったり日記

ぽん吉の音痴地帯w

白い閃光-ホワイト・グリント-

xxキタローxxのブログ

ぷにぷに 

廃棄物処理場

2次元に魂をひかれた者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ケイタイでピッと
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。