スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙の騎士テッカマンブレード/獣装機攻ダンクーガノヴァ ほか

アニメ感想
・宇宙の騎士テッカマンブレード
・獣装機攻ダンクーガノヴァ
・超電磁マシーン ボルテスⅤ
・マジンガーZ
・劇場版マジンガーシリーズ
・マシンロボ クロノスの大逆襲


宇宙の騎士テッカマンブレード
第7話「機動兵ペガス発進」
第8話「謎の従軍記者」

この中だと特にストーリーの連結性が高いですね。
7話ではペガスが初登場。
ブレードに変身できなくなったと思われたDボゥイだけど、多くの人の努力を見てヒーローモードに。
不貞腐れたベジータみたいになってましたが、アキやノアルには助けられてますね。
ペガスを使った変身や、そこからの攻撃がカッコいい。
8話はDボゥイの正体に関する伏線となる話。
マスゴミがDボゥイに色々聞きまくっててウザいwwww
さすがマスゴミwwwww
でも、確かにDボゥイにとっては図星だしマスゴミとしては「真実を明かす」という視点にも立てていると思う。
この人が良い人なのか悪い人なのかは後ですね。


獣装機攻ダンクーガノヴァ
MISSION-05「嘆きの魔壁」

温泉回です。
……………………
……………………
……………………
……それ以上の何も印象に残っていないような回。
戦闘そのものが地味なんですよね、この作品。
キャラもしっかり設定されてないし……。
まあ、短いですし残りも頑張って見てましょう……。
一応、第二次Zの予習にはなるし。


超電磁マシーン ボルテスⅤ
第16話「ファルコン壊滅の危機」
第17話「愛も涙もふりすてろ!!」
第18話「父よ!地球は近い!!」
第19話「父の胸の中でなけ!」
第20話「血で書いた数字の謎」

折り返し地点となったボルテスⅤ。一話がまるで昨日のことのように鮮明に記憶しています。
この辺りの話は三人の父に関する伏線となる話。
三人のお父さんは実は角ナシのボアザン星人だったというのです。
角ナシのボアザン星人は奴隷のような扱いを受けていて、ほとんど地球人と変わらないようです。
偽お父さんを押し付けられたり、敵に捕まったりと、なかなか感動の対面とは行かず。
ハイネルもそれに踊らされていて、敵視点と味方視点の二重に楽しめる構造になっています。
ほとんどの話が一話完結でなく、次へ次へと繋がっていくから複雑。
ドラマ性の高さは現代でも通用するレベルになっていると思います。
とりあえず岡長官強すぎwwwwwwwさすが忍者wwwwwwwww
めぐみはともかく、一平が空気すぎです。


マジンガーZ
第2話「ストップ ザ あしゅら軍団」
第3話「マジンガーZ 消滅作戦」
第4話「マジンガーZ 絶体絶命!!」
第5話「ゴースト マジンガー出現」

マジンガーの操縦ミスが多い序盤。甲児アホすぎるwwwさすが元DQNwwwww
とりあえずは、第一話のDQNっぷりは自然に落ち着いて、正義のために戦う戦士となった甲児。
戦う決意を固め、特訓をして……と本当にヒーローの原点らしい頑張りを見せてます。
16歳でトラック運転してたけど、まあそれは当時のお約束ということで……。
甲児とボスの友情の予感!昭和のデブは良いデブですからね。
何だかんだでボスも良いデブ。暴走族っぽいけど、操縦技術はかなり高いですよね。
そういえば、さやかさんも結構頑張ってる。足手まといになる回もあるものの、甲児と対等くらいですね。


劇場版マジンガーシリーズ
「グレートマジンガー対ゲッターロボ」
「グレートマジンガー対ゲッターロボG空中大激突」

グレート編。ゲオには後編のDVDしかなかったorz(借りられてた)
というわけで、鉄也さんとゲッターチームが協力する二つの劇場作品です。
漫画版でキチガイしかいなかったゲッターチームの方がまともだ……。
鉄也さんがいくらなんでもバカすぎる。鉄也さんがゲッターチームと張り合って協力を拒むとか。
ゲッターチームもそういうノリだと思ってたけど、途中からは案外まとも。
こいつら、アニメでも序盤は結構おかしかったんですけどね(特にハヤト)。
ああ……そしてムサシorz
お前はやっぱり死ぬのか。カッコよすぎる。ムサシとボスが主役だったなぁ。
グレート対ゲッターのボスの大活躍っぷりが凄かった。
僅かながらもムサシとボスの絡みもあって嬉しかったですし。
特攻で死ぬんじゃなくて、リョウを庇おうとして敵と衝突して死亡か……。
MXの序盤のエピソードですが、敵がここで衝突して死ぬんですね。なんかしらんけど、ムサシは殺されたことになってた。
「グレート対ゲッターG」のラストは感動のあまり目頭が熱くなります。
ムサシという男を巡ってのストーリーに、良い終え方をした映画でしたね。


マシンロボ クロノスの大逆襲
第31話「妖剣メドウーサの呪い」
第32話「バトルロック・マルスの涙」
第33話「謎の遺跡・四つの秘宝」
第34話「宇宙に消えたバイカンフー」
第35話「宝石超人の秘密」
第36話「アンバーを救え・ブレーザーカノン」
第37話「危機一髪ランドコマンダー5」

ロム兄さんはやっぱりカッコいい。「一応聞いてやる、誰だ!?」と敵の一言も笑えましたww
ロム兄さんの名乗りを考慮したうえでの会話wwwww
MXでの浮きっぷりもわからんでもないですね。製作者もおふざけ的な要素の一つとして見てるみたいです。
でも、やっぱりカッコいい!! 人、それを熱血と言う!!
悪に厳しく、レイナに甘い性格も面白いですね。たまに(主に女性絡みで)コミカルになるのが面白いですね。
レイナもレイナで、あのブラコンっぷりはヤバいと思う。
モテまくるロム兄さんを見て、いちいちヤキモチ。素晴らしいほどの妹っぷりです。
宝石超人がなんかキン肉マンのキャラクターみたいだwww
一部キャラクターの再登場とかも良いですね。マンネリ化しなくなったのもポイントの一つ。
ガルディカッコいい……。
スポンサーサイト

テーマ : 感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤宮昴

Author:藤宮昴
HN:藤宮昴
16歳の学生

多趣味だけどこのブログではアニメ、特撮、漫画、ゲーム、洋画、邦画、小説等を取り扱います。

たまに日常が舞台のブログになる時もあります。
最近はサクラ大戦、特撮、プリキュアなどのネタがメインです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

大河内の缶詰

THE・武者戦記EX

God bless you

萌えタリ~な日常

霊様のブログ

サイザーの最前線日記(移転しました!

覚醒の夜明けに青い炎

暇潰の達人

僕らの飼育小屋

Shall l to coming out? 別館 ~Paranoia's world~

みんなの早期リタイア独立宣言書

私は百合じゃないんだからねっ!

雛見沢ゲットー

偽トロキャプチャ通信販売 New3DSLL,New3DS,2DS,WiiU,PS vita制作代行!NintendoSwitch

気ままに店長

しあんのぶろぐ

まったりな部屋

Love tube

MACHINE HEART ~機械にだって心あり!~

その日暮らし

アニライ<猫・w・>

なりそこないカメレオン ver.2.0

ドラコの玩具紹介ブログ

ハラちゃんのまったり日記

ぽん吉の音痴地帯w

白い閃光-ホワイト・グリント-

xxキタローxxのブログ

ぷにぷに 

廃棄物処理場

2次元に魂をひかれた者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ケイタイでピッと
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。