スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

004:この手に掴むまで

 朱色の髪の毛がふわりと揺れ、イクサー2が着地する。
 殺し合いを強いられた彼女であるが、ここで簡単に他人を殺めるのは気が乗らなかった。
 殺し合いとは言うが、勝ち残り形式でルールも普段の戦い方とは異なる。弱った相手を攻撃することも可能であったり、首輪が取り付けられていたり、内容もゲーム調だ。
 いくら冷酷たるイクサー2であっても、三人の少女は趣味が悪いと考えざるを得ない。

 とはいえ、他に生き残るアテがないというのも事実だ。
 ここにイクサー1がいるというのは確かめてある。──それが彼女にとっても重大な話となっている。
 彼女の目的はそのイクサー1への確執のみで生存など頭にはない。
 生き残るといっても、そのイクサー1との決着を果たすまで生き残ればそれで良いのだ。


(お姉様……無論、こんなところで私以外に殺されることのないよう…………)


 彼女が願うは、たったそれだけの狂気のみ。
 姉を殺すために生まれてきたのが自分なら、それを果たすことのみが蘇ったイクサー2の役目。



 ────と。



 イクサー2の目の前には向かってくる陰があった。
 長い髪の毛を束ね、黒服を着た男性。
 見たところ、その姿にイクサーのような超人の面影はないように見える。


「──凱気装」


 その言葉を発するまでは。
 男の名は風間将人と言った。
 その体はファラーの寄生、ガイボーグの改造、そして己の気からデスファードのものへと変わる。
 それはまさしく、イクサー2の相手としては不足ないものの姿であった。

 敵意をむき出しにした相手に応えないイクサー2ではない。
 互いが互いを殺そうとしているのは目に見えている。

 イクサー2の拳から放たれるイクサービーム。
 それと同時にデスファードが放つ王気・極星拳。
 二つの拳が光を呼び、一瞬で消える。


「あんたも人間じゃないのか。なら、戦い甲斐のある相手だ!」

「こちらもだっ!」


 二人は距離を詰めるように走る。
 イクサー2にはイクサーソードが、デスファードには自分の体が武器となり、敵を倒すために足を前へと押し出していく。
 デスファードはイクサーの腹部に蹴りを打ち込む。
 デスファードの脚はイクサーソードよりもヒットが大きかった。いや、拳法家である風間将人の蹴りがそれだけ素早く、凄まじかったということだろう。
 相手が何者かは知らないが、その一瞬でイクサー2は相手の強さだけを理解する。

 体と一緒に弾き飛ばされたイクサーソードは敵を討つことを忘れる。
 イクサー2は体勢を立て直せず、目の前の怪物が火を帯びたパンチを顔に打ち込む。
 それが決定的で、イクサー2は地面に倒れ伏した。


「──女ごときが俺に勝てはしないようだな」

「くっ……!」


 女と罵られるのもまた屈辱。
 彼女の場合は、周りには女しかいない。そんな環境で生まれた。
 それ以上に強い男という存在をあまり知らない。
 男という存在は、女より弱いものだと思っていた。
 だから、こうして男に押されるのは強い屈辱であった。


「……死ぬ間際に教えてくれ…………私より強いという、お前の名を」

「──風間将人────いや、デスファードだ」


 イクサー2は自らを倒した敵の名を問う。
 自分を打ち破った存在が、果たしてどんな名なのかを知るために。



 ────いや、一瞬の隙を作る為に。



「……ならば」


 その胸に、エネルギーを溜める。
 倒れ伏したイクサー2を倒そうと近づくデスファードを仕留めるために。


「死になさいっ!! デスファァァァァドッ!!!!」


 止めのエネルギーを溜めていたとはいえ、まだ元気のあり余るイクサー2に対抗しうる力が、デスファードには無かった。
 全身の力を込めたパンチは、デスファードを飲み込むかのように突き刺さる。
 おそらくイクサーソードよりも遥かに強く、鋭い攻撃。


 そして。


 その一撃がデスファードを光に変える。
 貫きはしなかった。
 それだけ硬い男が、デスファードだったからだ。
 そこに、デスファードがあるはずだった。
 拳の触れた先にあるはずの男の感覚が弱弱しく消えていく。


「またお会いしましょう…………生きていたら」


 イクサー2を包む光は消え、冷静な言葉が残される。
 そこに、自らを襲った敵の姿は無かった。



【風間将人@七星闘神ガイファード 死亡】


【1日目:深夜/砂漠】

【イクサー2@戦え!!イクサー1】
[状態]:健康
[装備]:イクサーソード@戦え!!イクサー1
[所持品]:支給品一式×2、不明支給品×6
[思考・状況]
基本行動方針:殺し合いには乗らない。
第一行動方針:イクサー1を倒す。
第二行動方針:かかってくる相手には容赦しない。
[備考]
※参戦時期はイクサー3での復活直後。
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

No title

超今更ですが、オリロワ頑張ってください
自分の知らない作品もたくさんありますが、今度見てみようと思います。
人数が多いでしょうが、ファイトです!

No title

やっぱりイクサー2は強かった。

No title

ネオマックスさん>
正直、カオスロワみたいなもんなんで気を抜いてやってますw
短い作品(30分×3話とか)もあるので、視聴は割りと楽なものもあるかもしれません。

雷槍さん>
戸田恵子版2ンデレハカイダーですからww
さすがアンパンマンです。
プロフィール

藤宮昴

Author:藤宮昴
HN:藤宮昴
16歳の学生

多趣味だけどこのブログではアニメ、特撮、漫画、ゲーム、洋画、邦画、小説等を取り扱います。

たまに日常が舞台のブログになる時もあります。
最近はサクラ大戦、特撮、プリキュアなどのネタがメインです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

大河内の缶詰

THE・武者戦記EX

God bless you

萌えタリ~な日常

霊様のブログ

サイザーの最前線日記(移転しました!

覚醒の夜明けに青い炎

暇潰の達人

僕らの飼育小屋

Shall l to coming out? 別館 ~Paranoia's world~

みんなの早期リタイア独立宣言書

私は百合じゃないんだからねっ!

雛見沢ゲットー

偽トロキャプチャ通信販売 New3DSLL,New3DS,2DS,WiiU,PS vita制作代行!NintendoSwitch

気ままに店長

しあんのぶろぐ

まったりな部屋

Love tube

MACHINE HEART ~機械にだって心あり!~

その日暮らし

アニライ<猫・w・>

なりそこないカメレオン ver.2.0

ドラコの玩具紹介ブログ

ハラちゃんのまったり日記

ぽん吉の音痴地帯w

白い閃光-ホワイト・グリント-

xxキタローxxのブログ

ぷにぷに 

廃棄物処理場

2次元に魂をひかれた者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ケイタイでピッと
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。