スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人造人間キカイダーTHE ANIMATION/超時空要塞マクロス ほか

アニメ感想。
・人造人間キカイダーTHE ANIMATION
・超時空要塞マクロス
・伝説巨神イデオン
・天地無用!
・舞-乙HiME 0~S.ifr~
・妄想科学シリーズ ワンダバスタイル
・勇者指令ダグオン


人造人間キカイダーTHE ANIMATION
第8話「ともだち」

演出家・脚本家とアキラ役が素晴らしすぎる。
特撮版や漫画版よりもずっとダサいキカイダーのデザインに対して、ストーリーはとても重圧。
「隠れた名作」の名を冠するにふさわしい作品だと思います。
一般でもマイナー、オタでもマイナー。だけどかなり良いですね。
このポジションこそが正しい作品なのかもww
とりあえず、今回はアキラが出会った双子のロボットの話で、戦闘描写は非常に適当なんですけどドラマ性は高い。
アキラが森で会って友達になった双子のロボット。非常に人間味があるんですけど、結局はキカイダーを殺すために作られた従順なメカであって、そのためには光明寺姉弟も殺すようにできている。
アキラとミツ子を守るためにもキカイダーはこの双子を倒すんですけど、ジローはアキラに嫌われてしまう。
双子ロボの最期のシーンで、二人が手を取り合ってから爆発し、互いを掴んだ手だけが地面に落ちる演出はなかなか良いです。
最後までアキラを「友達」といいつつも、あまり殺害に躊躇がなかったのもベタでなく、そして何よりロボットの悲しさを演出する材料となっていて素敵でした。
でも、敵メカの弱さが気になります。合体を妨害したら爆発するって……。
そんなモロいロボットにキカイダーの抹殺命じるなよ。


超時空要塞マクロス
第13話「ブルー・ウインド」
第14話「グローバル・レポート」
第15話「チャイナ・タウン」
第16話「カンフー・ダンディ」
第17話「ファンタズム」
第18話「パイン・サラダ」
第19話「バースト・ポイント」
第20話「パラダイス・ロスト」

13話、18話、20話のサブタイは見事ですね。
総集編がまた入ったよ……。ナレーションとか無しに総集編やるので、てっきり同じ巻を借りてしまったのかと思って焦りました。
プロトカルチャー……お前の名前を聞くのは二度目だな。
柿崎やロイなど、死亡者も少なくない。特に柿崎はロボットアニメの大団円の中に絶対いそうなキャラなので、死ぬとは思ってませんでした。
ポジションでいえば、リュウ・ホセイとあまり変わらないかも。……いや、やっぱりデカい以外は全部違うわ。どちらかというと、パトレイバーの太田っぽいな。
とりあえず、ストーリーは佳境。というか終盤的な雰囲気。
最終回が27話なのに、36話まで見ないといけないわけです。あと16話か……もう少し。


伝説巨神イデオン
第32話「運命の炎のなかで」
第33話「ワフト空域の賭け」
第34話「流星おちる果て」
第35話「暗黒からの浮上」
第36話「さらばソロ・シップ」
第37話「憎しみの植民星」
第38話「宇宙の逃亡者」
第39話「コスモスに君と」

ひっでえ最終回だったよ────。
いや、打ち切りなんで仕方がないけど、多分何もしてないベスとカララに子供が出来たり、突如両人類が滅亡したり……。
なんか終盤ではたった一話でレギュラーが四人死んだり、ラストで人類滅亡したり、とにかく命が失われていくアニメ。
でも、「ただ殺せばいい」っていうようなアニメとはまるで違いますね。これは戦争っていうものが産み出す愚かな結果。
その戦争している両人類のキャラクター同士に芽生えた絆を象徴する「赤ん坊」が鍵になっていたのも凄い。
シェリルはもう存在しないでほしかった。ラストでキチ○イじみた高笑い。なんで味方にこんなヤツいんだよって思いました。担当声優にすら酷評されたキャラクターですしね。
序盤~中盤はドキドキしながら見てましたが、終盤でイデの謎が解けてしまってからは少しずつ微妙な展開に。
中盤のキッチン登場あたりは絶頂期です。


天地無用!
第20話「水着無用!」

タイトル通りの水着回。普通です。
突然出てきたライバルが水着大会で優勝してしまうっていうなぁ……。
ササミの水着は無し(たぶん、一番需要ある)。
もう「指名手配犯」っていう設定は適当に誤魔化しすぎでしょwww
追われてるのに水着大会に出る神経……www
たぶんわざとでしょうが、明らかに指名手配犯の設定はいらないですwww


舞-乙HiME 0~S.ifr~
第2話「ヒメとヲトメ」

この回は単なるエロアニメだよな?ww
戦闘シーンがおそろしく少ないし、30分以内とはいえ結構長いので微妙でした。
次でラスト。終わったら、「グレネーダー」が始まります。


妄想科学シリーズ ワンダバスタイル
第3話「成層圏で歌おう!」

成層圏で歌います。ケンカします。
このアニメは、簡単に言えば萌え系みたいなんですけど、ギャグも普通に面白いし「可愛いけど裏の顔がある」的なキャラクター設定も良かった。
芸能界と宇宙進出が物語の舞台なので、芸能界の裏事情みたいなのがギャグテイストで描かれています。
百合っていうキャラクターが一番好きです。
今回は百合と桜などがケンカします。仲直りした直後なのにヘリウムボイスww
宇宙で歌を歌うことには成功しましたが……www


勇者指令ダグオン
第22話「風に舞う白い羽根 宇宙の悪魔デモス登場」

ねえ、デブとメガネの存在意義は?
エンとゲキに存在が集中しすぎて、カイとリュウすらも影が薄くなりつつあります。
この話もエンメイン。戦隊と決定的に違うのは、レッド以外にスポットを当てないこと。
パンを袋ごと食う黒岩さんには脱帽です。
……にしても、鬱回でしたねぇ……。
先生消えちゃいました。ラストの台詞も、先生との決別ができず、現実を受け入れられないような言葉。
ラストの演出が悪すぎて、後味が悪いです。
でも、珍しく、良い意味でヒーローっぽい話でした。
スポンサーサイト

テーマ : 感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤宮昴

Author:藤宮昴
HN:藤宮昴
16歳の学生

多趣味だけどこのブログではアニメ、特撮、漫画、ゲーム、洋画、邦画、小説等を取り扱います。

たまに日常が舞台のブログになる時もあります。
最近はサクラ大戦、特撮、プリキュアなどのネタがメインです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

大河内の缶詰

THE・武者戦記EX

God bless you

萌えタリ~な日常

霊様のブログ

サイザーの最前線日記(移転しました!

覚醒の夜明けに青い炎

暇潰の達人

僕らの飼育小屋

Shall l to coming out? 別館 ~Paranoia's world~

みんなの早期リタイア独立宣言書

私は百合じゃないんだからねっ!

雛見沢ゲットー

偽トロキャプチャ通信販売 New3DSLL,New3DS,2DS,WiiU,PS vita制作代行!NintendoSwitch

気ままに店長

しあんのぶろぐ

まったりな部屋

Love tube

MACHINE HEART ~機械にだって心あり!~

その日暮らし

アニライ<猫・w・>

なりそこないカメレオン ver.2.0

ドラコの玩具紹介ブログ

ハラちゃんのまったり日記

ぽん吉の音痴地帯w

白い閃光-ホワイト・グリント-

xxキタローxxのブログ

ぷにぷに 

廃棄物処理場

2次元に魂をひかれた者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ケイタイでピッと
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。