スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かみちゅ!

「かみちゅ!」ついに見終わりました。

最近知ったんですが、この作品は「日本のメディア芸術100選」といかいう、なんか文化庁とか何とかのアニメ部門に入選してるんですよね。

ちなみに、他に入選してるのを挙げてみると、ガンダムやナウシカやドラえもんみたいに「誰でもタイトルくらいなら聞いたことある!」っていうくらいの作品ばっかりで(最近のやつにしてもハガレンやハルヒ)。

文化庁メディア芸術祭アニメーション部門でも優秀賞だったけど、こっちは普通知らないようなものばっかりです。


かみちゅ!
第14話「夢色のメッセージ」
第15話「小さな一歩で」
第16話「ほらね、春が来た」

ラスト3話。元々、16話でプロデューサーは「ゆりえが何の神様かはっきりさせる」みたいなことを言ってたけど、結局何の説明もなかったし、そんなことについて触れるそぶりもなく……。
「何の神様だかわからない」と迷ってたシーンがありましたが、その答えは結局視聴者に委ねられてるわけです。
自分なりの考察は後述で。

14話は本当にスタッフがトンデモないことをしてくれましたww
お正月の話なんですが、舞台は居間と台所のみ。主人公のゆりえは最後までコタツから出ないという、型破りアニメシリーズです。エヴァンゲリオンは型破りではなく電波テロです。
ゆりえ様は電波だけどな(殴
オチは神様たちから膨大な量の年賀状が来てしまったために返事を書くのが大変~というもの。
二宮くん、本当に字がヘタクソです。次の話で二宮くんがゆりえ様を好きだったことが明らかになるのに、ゆりえの名前があんなにヘタクソじゃ駄目でしょ……ww
とはいっても、ゆりえビジョンだとものすごく上手いみたいです。
あと、お年玉カワイソス。

15話はテレビ放送版12話ということで、テレビ版の最終回です。
今回は前回と違って中学校を舞台に繰り広げられます。
ここに来てバレンタインエピソード。中学生たちの素晴らしいまでの連帯感や、ゆりえ様が神様としてでなく中学生としてもいかに好かれているかっていうのがよくわかります。
某軽音楽部アニメの最終回に若干似てる気がしないでもない忘れ物ネタ。でもこっちは取りに行くのがタマと光恵です。
タマ、いるだけで笑っちゃうww 二足歩行で歩いてたり、修業してたり、食器洗ってたりを見られたことはあるけど、ついに喋るところまで見られちゃいましたね。

5c154b19.jpg

タマ「あ~あ、喋っちゃった」

か・み・ちゅ~~~~~は確か未使用です。通力は使ってましたが、は伸びてないし疲れてる様子もない。
さすが最終回というだけあって、内容ががかってます(なんとなく神を太字にしたら二行に四つあった)。あと、総理大臣何やってんだwww
本当、なんか感動もするし、「青春!」って感じで、「耳をすませば」的な意味では超ド級の鬱アニメかも。
とはいえ、俺もまだ高校生なので「そっち側」に立つ希望と可能性は無限にありますが(殺
最終回の二宮くん、半端なくカッコよすぎるだろ。今まではなんかつかみ所がなくて、人間味も薄かったんだけど、今回は照れたり笑ったり、なんか「気づけた人」みたいな感じで素敵です。
校舎から聞こえる大歓声や、それを聞いて顔を真っ赤にする二人の姿なんか本当に良かったです。


そして、正真正銘のラストエピソードである16話。
15話より後の話なんですが、最初のほうはずっと女性キャラと一橋家の人間ばっかり。
二宮くんが出てくるのは割りと後半でした(そんな後半でもないんですが、結構遅く感じた)。
わざわざDVDでしか見られない最終回を作って、それが掃除する回っていうのがこのアニメらしくて良いですね。
会話とかも相変わらず面白いし、映像・作画もこの回が一番好きです(劇場用映画でも違和感ない)。
最初期からちゃっかりと成長しているゆりえ様が友達とか彼氏とか色んな人に恵まれていて、なんか本当に温かみがあるっていうか……八百万話くらい続いてほしいと思うくらいのアニメでした(神様だけに)。


というわけで、ゆりえ様、否ゆりえちゃん(今更キャラクターの意思尊重的な)は何の神様なのかっていう話で。


まず、「晴れ」とか「恋」とかの神様っていう可能性が高いですよね。「女子中学生」の神様っていうのはまずないだろうし……。
個人的には無難に「恋」の神様だって思いました。
15話だけ、能力を使っても髪が伸びたり疲労が襲ったりしないのは、やっぱりそこで恋を原動力にしたからっていう感じでした。
晴れっていっても、海の回では雨が降っていて、全編通して雨が降っているわけでもないし違う気がする。
15話での主な願いは恋愛成就ばっかりでしたし、総理大臣からも恋愛相談の手紙を受け、本編でも神様としてやったことは基本的に恋愛相談ばっかり。
それで、ラストでの「恋愛は、神様に願っても結局は自分の力が決める」という話から考えると、ゆりえが人に近い存在になってるのも納得できるかも。
全編通してやってきたことといえば、やっぱり恋愛でしたし。
ここは意表をついて「電話」の神様だったりして。
スポンサーサイト

テーマ : 感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤宮昴

Author:藤宮昴
HN:藤宮昴
16歳の学生

多趣味だけどこのブログではアニメ、特撮、漫画、ゲーム、洋画、邦画、小説等を取り扱います。

たまに日常が舞台のブログになる時もあります。
最近はサクラ大戦、特撮、プリキュアなどのネタがメインです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

大河内の缶詰

THE・武者戦記EX

God bless you

萌えタリ~な日常

霊様のブログ

サイザーの最前線日記(移転しました!

覚醒の夜明けに青い炎

暇潰の達人

僕らの飼育小屋

Shall l to coming out? 別館 ~Paranoia's world~

みんなの早期リタイア独立宣言書

私は百合じゃないんだからねっ!

雛見沢ゲットー

偽トロキャプチャ通信販売 New3DSLL,New3DS,2DS,WiiU,PS vita制作代行!NintendoSwitch

気ままに店長

しあんのぶろぐ

まったりな部屋

Love tube

MACHINE HEART ~機械にだって心あり!~

その日暮らし

アニライ<猫・w・>

なりそこないカメレオン ver.2.0

ドラコの玩具紹介ブログ

ハラちゃんのまったり日記

ぽん吉の音痴地帯w

白い閃光-ホワイト・グリント-

xxキタローxxのブログ

ぷにぷに 

廃棄物処理場

2次元に魂をひかれた者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ケイタイでピッと
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。