スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-

創作物レビューです。

機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者- [DVD]機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者- [DVD]
(2005/10/28)
池田秀一飛田展男

商品詳細を見る


「動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-」
監督 富野由悠季
制作 サンライズ
封切日 2005年5月28日
上映時間 94分
コピーライト表記 ©1985、2005 創通・サンライズ


【ストーリー】

宇宙世紀0087。一年戦争終結から7年後の世界が舞台である。

ジオン公国軍に勝利した地球連邦軍は増長し、コロニーに対し支配と圧力を強めていた。やがて連邦軍内部に「ジオンの残党狩り」を名目に、スペースノイドへの強権的制裁を加えるエリート部隊「ティターンズ」が創設された。急速に勢力を拡大したティターンズに反発する一部の連邦軍人やスペースノイド達は、反地球連邦組織「エゥーゴ」を結成する。エゥーゴはティターンズの拠点であるサイド7のコロニー「グリーンオアシス」を襲撃、コロニーの住民カミーユ・ビダンがその戦闘に巻き込まれていく。

劇中の物語はここから始まり、エゥーゴとティターンズの戦いを主軸に、地球連邦軍、さらにジオン公国軍残党の一部が結成した軍事組織アクシズの動きを絡めて描かれていく。


【感想】

あらかじめ言っておきますと、テレビ版は見ていません。
ファーストガンダムは全部見ましたが、Zガンダムは一話も見ていないし、これを見て存在を知ったようなキャラクターもいます。
アムロ・レイ、ブライト・ノア、シャア・アズナブル、フラウ・コバヤシ、ハヤト・コバヤシ、カイ・シデンなど、さまざまなファーストガンダムキャラクターが再結集し、当時少年だったホワイトベースクルーは大人や青年へと変貌しています。
そこがまず、この作品の最初の見所でしょう(ブライトさんは大して変わらないけど)。
今回はファーストガンダムの「連邦軍VSジオン軍」という構図から離れて、連邦軍の内部抗争の物語になっています。ジオンよりずっと異常な人間が多い連邦の特性をよく現しましたよね(前線に出てるやつらは良いヤツが多い)。
一方で、連邦内部に潜入したシャアが良い味を出していましたね。でも、前作でよく生きてたな(アニメだけだとマジで死んでるようにしか見えない)。
アムロとシャアの共闘という、前作は考えもつかない二人の姿は見ているほうとしては感激です。
一年戦争終盤でもシャアはアムロを味方に誘っているだけに、それが(別の形とはいえ)叶ったのは前作を見た人間としては嬉しい限り。
大人になってから一番まともな行動をしているのはやっぱりカイ。連邦軍として戦ってきた男が、ペンを武器に連邦軍に戦いを挑むというのは良い光景。
カイを主役にした漫画も持っていますが、あっちでは常に反戦的な言動が目立ちました。やっぱり、カイがrね法軍で一番戦争を嫌っていた人間なんでしょうね。
ところで、カツがアムロに説教してたけど、「お前何様だ」って思いましたね。言動が本当に無責任ですww戦争行けよ、戦えよって……普通の人間なら嫌に決まってるだろ。
シンジ「僕に死ねっていうのかよ!」
あと、カツ、レツ、キッカの三人を養子にしたらカツとレツでキッカの取り合いが起こるぞ。
スポンサーサイト

テーマ : 感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

確にガンダム(0079)の続編ですが、0083の続編として見ても面白いですよ。
映画版は見てないのですが、通常版はガッツリ見ました。
まだ先、映画第三作目の最期は通常版と違う最期だそうです(通常版は映画ナデシコばりに暗いです)。

通常版では、ニュータイプは危険だとアムロは閑職窓際で飼い殺しにされてふぬけなってるような描写がありましたから、0079の輝いてたアムロを見てたカツからしたら許せなかったのでしょう。
未熟な発言もカツの幼さの表現する方法なのかも。

最終的には対決するアムロ・シャアですから、共闘する姿は眩しく見えます。

No title

不楽是さん>
0083からは機体以外あんまり出てないので、人間味が魅力のキャラクターが再登場する1stガンダムの続編っていう印象のほうが大きいですね。
カミーユは発狂するんですよね。でもZZで治るとか。
というか、Zガンダムは元々暗いのでナデシコみたいに突き落とされる感覚はないですw

カツはまあ、視聴者にとって嬉しいことしてくれてるので良いんですけど、やっぱり言ってることがムチャクチャですww
今のところ、カツは自分の理想というよりは母親の理想を追求してるマザコンっていうイメージがあります。
プロフィール

藤宮昴

Author:藤宮昴
HN:藤宮昴
16歳の学生

多趣味だけどこのブログではアニメ、特撮、漫画、ゲーム、洋画、邦画、小説等を取り扱います。

たまに日常が舞台のブログになる時もあります。
最近はサクラ大戦、特撮、プリキュアなどのネタがメインです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

大河内の缶詰

THE・武者戦記EX

God bless you

萌えタリ~な日常

霊様のブログ

サイザーの最前線日記(移転しました!

覚醒の夜明けに青い炎

暇潰の達人

僕らの飼育小屋

Shall l to coming out? 別館 ~Paranoia's world~

みんなの早期リタイア独立宣言書

私は百合じゃないんだからねっ!

雛見沢ゲットー

偽トロキャプチャ通信販売 New3DSLL,New3DS,2DS,WiiU,PS vita制作代行!NintendoSwitch

気ままに店長

しあんのぶろぐ

まったりな部屋

Love tube

MACHINE HEART ~機械にだって心あり!~

その日暮らし

アニライ<猫・w・>

なりそこないカメレオン ver.2.0

ドラコの玩具紹介ブログ

ハラちゃんのまったり日記

ぽん吉の音痴地帯w

白い閃光-ホワイト・グリント-

xxキタローxxのブログ

ぷにぷに 

廃棄物処理場

2次元に魂をひかれた者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ケイタイでピッと
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。