スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーディケイド

創作物レビューです。

仮面ライダーディケイド VOL.1 [DVD]仮面ライダーディケイド VOL.1 [DVD]
(2009/07/21)
井上正大村井良大

商品詳細を見る


「仮面ライダーディケイド」


【ストーリー】

光 夏海は、無数の仮面ライダーが「1人の標的=ディケイド」に総攻撃を仕掛けて全滅するという夢を繰り返し見てはうなされていた。現実に戻れば家業の「光写真館」に居候している青年、門矢 士がきちんと写真を撮らないと客から苦情を受け、謝罪と士への説教をする毎日。

ある日、突如世界のあちこちで謎のオーロラと共に無数の怪奇生物が現れ、人々を襲い始める。夏海と離れ離れになった士は謎の青年・紅渡と接触し、自分がディケイドであることを知らされる。夏海と合流した士は、彼女が見つけたバックルで仮面ライダーディケイドに変身して怪物達を倒すが、世界の崩壊は止まらない。

士は再び現れた渡により、それぞれの仮面ライダーが戦う9つの並行世界が1つに融合し、最終的に崩壊しようとしているという事と、士は9つの世界を旅してそれを防ぐ使命を課せられた存在だという事を告げられる。こうして士は自分の写せる世界を探す為に、また、夏海は夢で見たディケイドへの不安から異世界への旅に出ることを決意する。


【感想】

製作者は狂ってます。なんでこんな作品を電波通して再放送までしたのか。
常に事前情報で詐欺まがいのインタビューをして、本放送を通してそれを楽しみにしていた視聴者を裏切り続けた作品です。序盤でシルエットの登場した仮面ライダータイガや仮面ライダーデルタは戦闘員扱いで登場、「響鬼の世界」以降の世界で旧作キャラを多く登場されるというインタビュー、最終回後の偽劇場版CMなど……。
これを仮面ライダーに入れないで欲しい、と思っています。
物語なんて無いし、過去作ファンに対する配慮もゼロ、最後は「最終回は劇場版で」と事前情報も無く終了。
そのうえ、その「劇場版」も本編に繋がらないと、視聴者に反逆し続ける問題作です。
お騒がせロッカーならともかく、誰も満足しないし、こちらは金をとられている。
この作品を見るのは、子供や家族を除けばイケメンファンや「過去に平成ライダーを見てきた世代」だと思いますが、その「過去に平成ライダーを見てきた世代」に対する配慮は皆無というか絶無です。
作品ごとの個性を全く惹きたてないし、過去作への冒涜ともいえる「過去作キャラの行動」。
特にひどいのは「仮面ライダーキバ」の紅音也や、「仮面ライダー剣」の剣崎一真の再登場。音也の息子だった紅渡も相当ひどいですが、この二人はこの作品を語るうえで特に酷い扱いを受けたキャラです。
二人とも本編で善人として描かれたキャラクターですが、今作では冷酷非道な悪ライダーになっています。
「仮面ライダークウガ」の五代雄介役オダギリジョーがもしこの作品に出られたら、コイツらみたいにされたんでしょうか。平成ライダー中、特に悪意を見せないキャラクターだった雄介もディケイドを躊躇いなく殺すようなヤツになったんでしょうか。五代や一条が出てこなかったの不幸中の幸いです。
と、音也や剣崎が悪いヤツになってるのは事実ですが、今作では主人公の門矢士が実は大ショッカーの首領という設定が現れました。
過去のライダーでも、クウガのアルティメットフォームが闇の存在として描かれたり、555がウルフオルフェノクだったり、ブレイドが最終回でジョーカー(怪人のボス)になったり、キバがファンガイアの王だったりしましたが、ディケイドは名実ともに極悪人
キバでは、怪人が一般人を殺している中なんの動揺もなく敵に突っ込んでいくライダーばかりでしたが、ディケイドなんて殺人犯です
本編中でも「人とファンガイアが共存している世界」でファンガイア(善人)を勘違いから殺害しても悪びれる姿を見せず、夏の劇場版では怪人に騙されてライダーを躊躇い無く次々と殺害、親友であるはずのクウガに対しても躊躇いを見せず、冬の劇場版では人間の心があるはずなのに邪悪化したフリをしてライダーを殲滅します。
ちなみにこの劇場版で、ディケイドの時系列はメチャメチャになり、ストーリーが消滅しました
話を戻して、「旧作に対する配慮」に関して話しますと、今作ではライダーだけでなく怪人の個性さえもブッ飛ばしています。
不死という設定のアンデッドが爆死したり、「超能力者しか殺さない」という設定のロードが大ショッカーとして出てきたり、旧作のボスキャラが戦闘員として登場したり……。


さらに、その後の再放送版ではまたしても詐欺と時系列歪曲が確認されます。

なんと、あの意味不明な最終回はそのまま一話に繋がるという無限ループ。
仮面ライダーでそんなもんやるなよ……。
どちらにせよ、何も解決してないだけで視聴者が見てきた30話ぶんの物語は全部無駄だったということがわかりました……。
スポンサーサイト

テーマ : 感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私的には アマゾンの日本語のひどさに
大爆笑した作品ですw

No title

フィリオネルさん>
演技ひどすぎますよね、あれは。
外国人だから仕方がないとは思いますが、アマゾンのキャラクターに合ってない敬語の多用など、「なんでこの役でこの人起用したの!?」と思いました。
いくらなんでも棒読みすぎます。デビルマンが充分まともな演技ですもん。

No title

後半は本当に不快になりました。
ネガ世界なんてこれまで平成ライダーを見てきた人間を舐めているとしか思えないです。
ただ不快になるディケイドより、笑って楽しめる実写版デビルマンの方がマシですね。
最終回もタチが悪すぎます。
悪いことですが「死んでしまえ」と思いました……(ヲイ

No title

涼村さん>
ネガ世界は存在意義がわかりません。
ここまで、「このキャラたちが動く姿をまた見たい」という願望に答えてはいると思いますが、なんであんな世界が存在するのか知りたいです。
意味がないだけでなく、むしろマイナスに作用している気が……。
「死んでしまえ」というか、「消えてしまえ」と思います。始めから全て無かったことにしてほしいです。

No title

何故、ディケイドはこんなにも失敗作になったww

アギトの世界でおっさんが変身してマジで笑いましたねww


メビウスは結構成功したからディケイドと差がありすぎますよね。
何が違うんだろうか?

No title

雷槍さん>
アギトはムサすぎましたね。まあ、賢者っぽくてアギトには良いかもしれませんが、色んな世界の中で特に地味だった気がします(未確認生命体が出て来て被ってるし)。

メビウス⇒円谷は 「良い作品を作るためなら赤字も恐れない」
ディケイド⇒東映は 「利益のためなら駄作も恐れない」

これが決定的だと思いますww
「ガオレンジャーVSスーパー戦隊」は良かったんだけど。
プロフィール

藤宮昴

Author:藤宮昴
HN:藤宮昴
16歳の学生

多趣味だけどこのブログではアニメ、特撮、漫画、ゲーム、洋画、邦画、小説等を取り扱います。

たまに日常が舞台のブログになる時もあります。
最近はサクラ大戦、特撮、プリキュアなどのネタがメインです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

大河内の缶詰

THE・武者戦記EX

God bless you

萌えタリ~な日常

霊様のブログ

サイザーの最前線日記(移転しました!

覚醒の夜明けに青い炎

暇潰の達人

僕らの飼育小屋

Shall l to coming out? 別館 ~Paranoia's world~

みんなの早期リタイア独立宣言書

私は百合じゃないんだからねっ!

雛見沢ゲットー

偽トロキャプチャ通信販売 New3DSLL,New3DS,2DS,WiiU,PS vita制作代行!NintendoSwitch

気ままに店長

しあんのぶろぐ

まったりな部屋

Love tube

MACHINE HEART ~機械にだって心あり!~

その日暮らし

アニライ<猫・w・>

なりそこないカメレオン ver.2.0

ドラコの玩具紹介ブログ

ハラちゃんのまったり日記

ぽん吉の音痴地帯w

白い閃光-ホワイト・グリント-

xxキタローxxのブログ

ぷにぷに 

廃棄物処理場

2次元に魂をひかれた者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ケイタイでピッと
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。