スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特撮ヒーローの鬱展開①

さあ、特撮の鬱を数えろ!!

と、ちょっと特撮で鬱になったシーンを挙げてみます。

パート2はまた後で。

一つ前の記事で、封印していた鬱特撮の記憶が……ww


仮面ライダーシリーズは「助かってほしい」と思ったキャラクターが死ぬことが多いです……。

小夜子とか坊ちゃまとか etc etc……


【仮面ライダー】
・怪人の正体が本郷猛の友人だったりする。
・ゲストキャラがよく死ぬ。
・昭和ライダーシリーズでは総合的に「やめてくれー!!」とか「うわぁー!!」とかいう台詞がトラウマ。

【仮面ライダーV3】
・第一話で主人公の家族が死ぬ。
・ゲストキャラがよく死ぬ。

【仮面ライダーX】
・第一話で主人公の父親が死ぬ。
・主人公の恋人が死ぬ。

【仮面ライダーアマゾン】
・マスコット的なキャラが死ぬ。
・鬱ではないが、色んなシーンがトラウマ。

【仮面ライダーストロンガー】
・ヒロインが死ぬ。

【仮面ライダーBLACK】
・敵が主人公の親友。
・主人公を助けてくれた怪人が死ぬ。

【仮面ライダーBLACK RX】
・主人公の第二の親ともいえる夫妻が終盤で唐突に殺される。
・しかも、それは作品のムードメーカー。
・さらに、それによってレギュラーの子供たちが孤児になる。

【真・仮面ライダー序章】
・主人公の父親とヒロインが死ぬ。
・ライダーが殺人を犯す。

【仮面ライダーZO】
・主人公と仲の良い男の子の父親で、主人公が助手を務めていた博士が爆発。

【仮面ライダークウガ】
・ゲストキャラが壮大な規模で死ぬ。しかもトラウマになる死に方。

【仮面ライダーアギト】
・仮面ライダーが何人か死ぬ。
・ゲストキャラが頻繁に死ぬ。しかもトラウマになる死に方。

【仮面ライダー龍騎】
・登場する仮面ライダーが全員死ぬ。
・劇場版でヒロインがリストカットして自殺。
・テレビスペシャルの未放送版EDでは主人公が街中で絶叫をあげて道行く人に異常者扱い。
・トラウマになる死に方のライダーが多い。

【仮面ライダー555】
・終盤、多数のレギュラーキャラクターが死亡し、その全てが鬱。
・特に、あるヒロインの死に方やタイミングが鬱。
・終盤で「もう一人の主人公」が誤解から人間を殺害。しかも死ぬ。
・劇場版もかなり人が死ぬ。

【仮面ライダー剣】
・最終回で主人公が悲惨な運命に。救われないがヒーローらしいエンド。
・あるライダーの恋人が殺される。

【仮面ライダーカブト】
・終盤で次々とライダーが死んでいく展開がかなり鬱。
・サソードとパンチホッパーはその中でも特に死ぬタイミングが悲しい。
・しかも、片方は助かる術があったにも関わらず、「助からない」という誤解で殺される。

【仮面ライダー電王】
・視聴者は経済的に鬱。

【仮面ライダーディケイド】
・視聴者は経済的に鬱。

【仮面ライダーW】
・善良な敵幹部の死に方が鬱。
・しかもその妹が敵で登場し、利用されて記憶を失う。


【ウルトラマン~ウルトラマンA】
・考えさせられる鬱が多い。ピグモンやメイツ星人。

【ウルトラマンレオ】
・隊員の死亡率が半端ない。
・全体的に暗い。

【ウルトラマンティガ】
・考えさせられる鬱。
・善良な怪獣が死んで鬱か? ……あれ、こいつ生きてた。
・でも、一人善良な宇宙人が同族に殺された気が。
・犬が死ぬ回が鬱。

【ウルトラマンネクサス】
・ラスボスが隊員。
・主人公の恋人が死ぬ。
・主人公がその後、発狂。マネキンを抱えて恋人の名前を叫ぶ。
・主人公の恋人の話がとんでもなく鬱。家族団欒シーンは場面転換とともに台無し。
・「家族」というテーマで動物の絵を描いていたはずの主人公の恋人の家に飾られていたのは、死体や怪獣を描いた不気味な絵。
・「怪獣殲滅のために女の子を見捨てろ」と防衛チームから指示が出る。
・人の記憶が頻繁に消される。
・主人公が動物園で出会った家族のうち、両親は殺害されて怪獣に寄生され、子供たちは両親の姿をした怪獣に襲われる。
・その後、その子供に主人公がめちゃくちゃ怨まれる。
・さらに、防衛チームの仲間は「どうせその記憶は消すから大丈夫」とフォローにならない慰めを受ける。
・戦争中に、ウルトラマンと仲がよかった女の子が爆撃を受けて死ぬシーンがある。
・途中から交替したもう一人のウルトラマンは生きる気力がない。
・でもラストは凄く良い。

【ULTRA SEVEN X】
・ある話のラストで子供が氷と間違えて……


【秘密戦隊ゴレンジャー】
・鬱ではないが、第一話で毒ガス殺害はトラウマ。

【超獣戦隊ライブマン】
・ゲストキャラがよく死ぬ。
・敵は主人公の親友……当時流行ってたのかな?w

【鳥人戦隊ジェットマン】
・結構人が死ぬ。
・ラストでレギュラーがチンピラに刺されて死ぬ。
・それも、助かる術は充分あった……。
・ちなみに、死亡場所は彼の親友の式場。
・主人公がイカレる。死んだ(と思われる)恋人の幻覚を見てひとりで笑ってる。
・メンバーの一人の名言「地球なんて滅びるなら勝手に滅びればいい」
・敵の幹部が記憶喪失になり、人間の女と良い感じになったうえ、人間に近づいていくが、記憶が戻った途端にその女を殺害。
・敵幹部が主人公の仲間になるフリをするシーンがあるが、これが計算高くて残忍。
・小説版では戦隊メンバーが嫌なヤツになってる。しかもヒロインとヒーローの子供が戦闘中に流産。
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

記事読んでいくうちに自分が鬱になっていく感じ…。
なんじゃこりゃー!?

仮面ライダーと人の死ってのは、常に一緒だと思います。

ライブマンとウルトラマンネクサスは、見ていて子供向けじゃないと思いました。


No title

ネクサスの鬱っぷりが半端無いww

レオのシルバーブルーメの回は確かおおとりゲン以外は
全隊員が死んだんでしたっけww
あれは、ひどかったなぁww

ていうか、電王とディケイドが同じ理由。
あと、キバが無いですね

No title

まこすけさん>
俺もジェットマンのところは自分で書いてて鬱になりました。
もはや、笑ってしまうくらいのレベルで鬱ですww
本来、子供向け番組でハッピーエンドが主なはずが……ww
ライブマン、ネクサス、井上脚本は鬱ばっかりですよね。
ネクサスは鬱も多かったけど、台詞とかは結構良かったと思います。
物語の不思議なリアリティも気に入ってました。

雷槍さん>
MACはそれまでも結構死んでますし、シルバーブルーメはパーティーの最中という状況で全員死亡なんで凄い鬱ですよね。
レオはファミリー劇場である期間だけ見てたけど、宇宙人の顔が怖くて不気味すぎる(プレッシャー星人とか)ので、ちょっと見る気が下がっていきましたww
だんだんレオも怖く見えてきてたしww

電王とディケイドはメタ視点でめっちゃ鬱ですよ……。
あんまり面白い映画ってわけじゃないし。
キバはハッピーエンドだったから書いてる時は何も思わなかったけど、よく考えたら大ちゃんの回は鬱ですよね。
渡がいつもどおりヒキっただけで、何の影響も及ぼしてないから気付かなかった……。

ネクサスの脚本は井上さんじゃなくて長谷川圭一さんですよ
それにしてもネクサスは凄い 鬱トラマンと言われるだけの事はある
プロフィール

藤宮昴

Author:藤宮昴
HN:藤宮昴
16歳の学生

多趣味だけどこのブログではアニメ、特撮、漫画、ゲーム、洋画、邦画、小説等を取り扱います。

たまに日常が舞台のブログになる時もあります。
最近はサクラ大戦、特撮、プリキュアなどのネタがメインです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

大河内の缶詰

THE・武者戦記EX

God bless you

萌えタリ~な日常

霊様のブログ

サイザーの最前線日記(移転しました!

覚醒の夜明けに青い炎

暇潰の達人

僕らの飼育小屋

Shall l to coming out? 別館 ~Paranoia's world~

みんなの早期リタイア独立宣言書

私は百合じゃないんだからねっ!

雛見沢ゲットー

偽トロキャプチャ通信販売 New3DSLL,New3DS,2DS,WiiU,PS vita制作代行!NintendoSwitch

気ままに店長

しあんのぶろぐ

まったりな部屋

Love tube

MACHINE HEART ~機械にだって心あり!~

その日暮らし

アニライ<猫・w・>

なりそこないカメレオン ver.2.0

ドラコの玩具紹介ブログ

ハラちゃんのまったり日記

ぽん吉の音痴地帯w

白い閃光-ホワイト・グリント-

xxキタローxxのブログ

ぷにぷに 

廃棄物処理場

2次元に魂をひかれた者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ケイタイでピッと
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。